いびき・無呼吸について

当院のSAS(いびき治療・睡眠時無呼吸症候群)外来の特長

当院のイビキ治療は「患者さんのライフスタイルに合った最良の診療」が特長です。

検査・治療費

睡眠時無呼吸症候群の検査は保険が適用されます。ファイバースコープ検査、機器を持ち帰り、睡眠時無呼吸症候群の判定検査を行い、3割負担の方で合計約5,000円です。当院では睡眠時無呼吸症候群の測定に入院の必要がありませんので、検査費用を入院時に比べ抑えることが可能です。イビキは生活習慣病の側面がありますので、イビキを治す絶対的な医学治療は現在存在しません。「呼吸装置(CPAP)」による改善療法も対症療法の一つであり、装着を外してしまうと再度症状は発現します。
ただし全く薬を使うことなく快適に過ごせることは大きなメリットです。CPAP使用による快適な睡眠が、ダイエットやその他症状改善への強いモチベーションとなり、イビキ症状を克服された方を当院では何人も見てきました。
またこの治療は保険が適用できますので、検査の時点で再診料を含めて3割負担の方で約5,000円前後、呼吸装置(CPAP)の自己負担が1ヶ月あたり約5,000円前後です。

「イビキは男性や女性、年齢に関係ありません」
皆さんが快適な生活を送っていただけるよう、当院もお手伝いをさせていただきたいと考えています。
最近では女性の患者さんの来院も増えました。イビキで悩まれている方は、お気軽に診察を受けにいらしてください。