いびき・無呼吸について

治療法について

イビキに対する治療や指導には、大きく3つの方法があります。

呼吸器(シーパップ)による改善療法

睡眠時の呼吸を補助する「CPAP(シーパップ)」という、一定のリズムで空気を送る装置があります。これを鼻にかぶせて、寝ます。数時間だけしか付けないけれど翌朝頭がすっきりしたと言う患者さんもいらっしゃいます。以前は機械が大きく、持ち運びに不便でした。しかし最近ではコンパクト化され、出張時に持ち運びするビジネスマンの方もいらっしゃいます。

手術

振動する部位を探し出し、振動する部位を手術により切り取る方法です。振動する部位がなくなればイビキは完全に治ることになります。
診察はファイバースコープを使用し、喉を覗き調べます。手術は保険適用です。手術は一番確実な方法です。当院長は病院勤務時代からイビキ治療に専門的に取り組んでいます。今まで手掛けた「口蓋咽頭形成術」は1000例ほどに上ります。その経験の積み重ねにより、ファイバースコープで患者さんの喉を見れば、どんなイビキか?どの場所でイビキが発生しているか?がほぼ分かります。この手術でも完全に治らない人はいます。しかし以前より悪くなった言う人はいません。ただ入院や麻酔をかけるなど、手術に伴う負担やリスクが伴います。

ダイエット

太っている人は痩せないとイビキは治りません。 太っている人は体のどこか一部が太っているわけではなく、全体に脂肪が付いています。もちろん喉の中も例外ではなく、脂肪が付いて狭くなっています。まるで肉巻き状態になっているのです。たとえイビキで振動する部分を手術で切り取ったとしても、すぐに周りから脂肪が付き元の状態に戻ってしまいます。当院に来られる患者さんにも「まず痩せてください」と助言させていただく場合があります。

どの治療法がベスト?

当院では、まずは「ダイエット」をイビキ改善の最低条件として指導を行います。ただしダイエットは本人の自覚や生活改善が大切になることは言うまでもありません。そして当院ではすぐに改善効果が認められることから、 「呼吸装置(CPAP)」による改善療法をお奨めしています。

CPAP(シーパップ)の貸出

当院ではこの「CPAP(シーパップ)」と呼ばれる呼吸補助装置を患者さんの状態に合わせて調整を行い、貸し出しを行っています。 この装置は気道に適正な圧力をかけ、気道の広さを確保し、イビキの発生を止めるものです。貸し出された「CPAP(シーパップ)」を睡眠時に装着すれば、イビキをはじめ、睡眠時無呼吸症候群からの疲労感から一気に解放されます。根治療法ではありませんが、この「CPAP」で睡眠の素晴らしさを味わっていただけます。そしてダイエットをはじめイビキを根底から改善する取り組みを行っていただき、最終的には「CPAP(シーパップ)」が無くてもイビキをかかない、穏やかな睡眠を手に入れてください!