いびき・無呼吸について

こんな症状の人は要注意!

「夜中に2回以上トイレに起きる」をはじめ、10の質問でイビキの自己診断!

イビキについての自己診断テストです。
10の質問の内、1つでも思い当たることがあれば、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

イビキの原因って?

イビキの主な原因には以下のようなものがあります。

  • ①肥満
  • ②アレルギー性鼻炎やちくのう症など鼻の病気
  • ③扁桃やのどちんこの異常
  • ④アルコール
  • ⑤加齢               etc…

これらの要因が関係し、イビキが発生するのです。
イビキをかくことで、何よりも怖いこと、それはいびきの合間に息が止まることです。

睡眠時無呼吸症候群といびきの関係

「睡眠時無呼吸症候群」とは、睡眠中に呼吸が数十秒間も止まる発作を
ひと晩に何十回も繰り返しそのたびに反復してイビキをかくというものです。

イビキをかく人で息が止まらない人はほとんどいません。

「2分間息を止めてください」と言われて、ラクに息を止められる人はそう多くはいません。
寝ている状態で無意識だからといっても、十秒間の無呼吸を三十回繰り返すことだってかなり大変なことです。
たとえるなら、寝ている間に誰かが口を十秒以上ふさいで、これを何十回も繰り返していると考えると、ぞっとしませんか?「睡眠時無呼吸症候群」とはこんな恐ろしい症状が毎日のように続くツライ病気なのです。

日本人で習慣的にイビキをかく人は2千万人以上もいます。
その全てが「睡眠時無呼吸症候群」の予備軍です!

「睡眠時無呼吸症候群」になると、眠気が日中、突然襲ってくることがあります。会議中に突然眠り込んだり、電話をかけている最中に眠ってしまったなど、通常の生活では考えられないような事態も起こります。車の運転中、猛烈な睡魔に襲われ交通事故を繰り返すという事件が社会問題にもなっています。